埼玉の格安外構、エクステリア工事ならヒライ エクステリア

平井商事株式会社 ヒライエクステリア お問合せ・無料見積り依頼

解体工事

ヒライエクステリアの解体工事について

平井商事では『産業廃棄物処理運搬業・許可』を取得しております。
埼玉県内での解体工事依頼は、平井商事にお任せください。
近隣への挨拶など平井商事では、当たり前のことを当たり前に行うことをモットーとして作業を行っております。
お客様へ信頼と安心を提供いたします。

解体工事の種類

  • 門扉・フェンス・ブロック塀などの小さな解体工事
  • 住宅リフォームの部分解体工事
  • 新築、建替えの住宅解体工事
  • アパート・マンションなどの集合住宅解体工事
  • 商業ビル・テナントビルなど中高層ビル解体工事
  • 店舗解体工事

解体工事の流れ

  1. 現場調査

    まず、現地調査をします。現地調査をすることにより、適正な費用を算出することができます。
    お立会の上、建物内部を見せていただけると、より適正な費用を算出することができます。

  2. 近隣挨拶

    解体工事が始まると、近隣の皆様にはご迷惑をお掛けすることになります。 そのため、近隣の皆様にご挨拶・説明をし、ご納得をしていただき、円滑に工事を行えるようにします。

  3. 引込配管・配線撤去の手配
    ガス、電気、上下水道、電話の引込配管、配線の撤去の手配をいたします。手配後、専門の業者により、撤去を行います。
  4. 足場養生の組立
    解体工事は、高所での作業が伴うため、まず、足場養生の組立を行います。
    通常、木造では丸太を、その他の構造においては単管足場を使用します。
    その際、シートや防音シートをかけ、騒音やホコリの排出を最小限に食い止めます。
  5. 工作物等の撤去
    建物本体から取り外すことのできるものを撤去します。 除去するものは以下のとおりです。
    ・撤去例:窓ガラス、ドア、住宅設備、ゴミなど
  6. 建物本体の解体

    壁、屋根、梁、柱などが残った上屋を解体し、基礎を掘り起こし、撤去していきます。
    ここで、ほこりが飛ばないように、水をまきながら作業をします。

  7. 廃材の分別・収集
    弊社では、建設リサイクル法が施行される以前から、 現場で廃材を木材、鉄、プラスチック、コンクリートガラなどに分別を行い、積んでおります。
  8. 処分場受け入れ
    産業廃棄物の処分場に分別した廃材を受け入れていただきます。
    木材は、チップ、燃料などにリサイクルされます。コンクリートガラは、セメントや埋立などに使われます。
  9. 地中障害物の確認

    解体終了後、新しく家などを建てるときに最も問題になるのは、いざ家を建てるときに廃材が中に残っていたり、その下にコンクリートが入っていて、またその部分を除去しなければいけないことです。

  10. 整地
    ブルドーザーなどで地面を平らにします。また、さらに見栄えをよくするために、玉砂利などを敷くこともあります。
  11. 工事完了

    解体工事完了後の現場確認をして頂き工事完了とさせていただきます。